DOORs 現実と仮想化現実との融合 - DOORs

DOORs 現実と仮想化現実との融合

author photo

Byrevatron レバトロン

DOORs

Doors1.png


Direct Object Oriented Reality (DOORs)は、収集された視覚情報から、オブジェクトベースで対象物の細部まで提供することによって、これまでのカメラの限界を超えた仮想化現実技術です。
カメラの視差を基に低レイテンシで計算された3Dデプスマップを用いて仮想視点の合成を可能とし、リアルタイムに輪郭分析、距離解析、オブジェクト認識、静的/動的オブジェクトの認識/切り出しをオブジェクト数の制限なく認識が可能です。

既存のソリューションでは、高解像度、複数映像処理、3次元合成等の処理はレイテンシが大きかったため、コンピューター・ビジョンや、リアルタイムスポーツVRには不向きだと言われてきた課題を解消し、コンピューターが自ら、映像情報のみで3次元空間を認識し、空間内のオブジェクトの輪郭や距離を認識することが可能となりました。
このハードウェア型ソリューションは、独自のパイプライン設計でゲートカウントを最小化し、省電力消費を同時に実現したため、移動型ロボット、モビリティデバイス、自動運転の分野でも十分に利用可能です。

技術的進歩は記録的な速度で加速し、指数関数的な軌道で伸び続けています。
時代は『仮想現実』から、『現実の仮想化』というフェーズに入りました。
企業がこの新しいリアリティを導入しようと奮闘する間に、創造的破壊者たちは劇的に技術界を変え、既存のパートナーにこれらの新規参入者となるよう投資、買収という形で強いプレッシャーを与えています。これらの技術投資や買収を用いてすら、依然として実証されていない製品開発サイクルと技術展開によって成功しているビジネスモデルの不確実な商業化は、携帯電話キャリア各社が成長の遅れと利益率の縮小に直面して、最先端のインフラへの改良に数十億ドル投資することに直面する環境と酷似しています。
Revatronの技術は、数多くのユーザー体験、Eコマースを含め、自動運転、ゲーム、エンターテインメントに大革命を起こす新リアリティ時代を可能とする触媒(カタリスト)となります。Revatronの革命的なDirect Object Oriented Reality (DOORs)は高水準のサービスの提案を生み出すことで、映像が単なるピクセル情報からオブジェクト情報へと生まれ変わり、配信ソリューションとしてのアクセシビリティを高めました。これらのサービスはAmazon、Microsoft、Tencent、そして企業クラスのサーバーを使っている革新的な小売業のようなハイパースケーラーのデータセンタープロバイダーに、リアルタイムのライフアクテビティとクラウドをロックステップ方式で接続可能にすることによって、膨大な数のアプリケーションによる新しいリアリティ体験を提供してくれます。DOORs有効デバイスによって可能となったタイトな結びつきは、クラウドベースのテクノロジーと日々のライフアクテビティの未曽有の統合を認めてくれます。

DOORS – 新たなリアリティを可能にすること
Direct Object Oriented Reality (DOORs)は、通常のビデオキャプチャーが提供できるものを超え、視覚情報を収集してオブジェクトのより細部までも提供することによって、オブジェクトベースのカメラ機能を高めるのに使われているオブジェクト検出性能です。これらの進歩的性能を用いて、これらのDOORs有効カメラは情報収集、処理、反応が未曽有のサービスと体験を可能とする新リアリティ時代を作り出すための、DOORs有効クラウドビデオサーバと直列接続で用いることができます。このアプローチは売上高と利益率を増加に導く、はるかに進歩した娯楽体験によって、ハイパースケーラビリティを併せ持つクラウド・インフラプロバイダーが、敏速かつ容易に新しい産業と市場に参入することを可能にします。それらのクラウドプロバイダーは、自分たちの既存のインフラ投資のおかげでVR時代を駆使するベストポジションにいます。しかし、彼らは、『現実を仮想化してインターネット空間で仮想化空間を共有する』という概念に遅れを取っているのです。

Revatronは、DOORsというデファクトスタンダードを生み出すことによって、世界で最初のDOORs対応カメラ/サーバーをお届けします。DOORsスタンダードをコントロールするための類のない独自のテクノロジーを用いてこの先行者利益を行使するし、これを活用することで、常に次世代のDOORs有効デバイスのデザイン・開発でリードします。Revatronは既存の省電力テクノロジーに対してこれを用いることが可能です。
Share

Comments 0

Leave a reply