超低遅延処理チップ設計技術とAI処理のコラボレーション - Technology

超低遅延処理チップ設計技術とAI処理のコラボレーション

author photo

Byrevatron レバトロン

-


レバトロンの動画伝送ソリューションチップが他社よりも高速である理由は大まかに二つに分けられます。
一つがセル構造型コンピュータチップ設計と呼ばれる高速処理チップ設計技術で、もう一つが人工知能(AI)によるプロセスの効率化にあります。
大容量データ高速処理チップ

セル構造型コンピュータチップ設計技術による高速処理チップがレバトロンの基礎技術となります。
低ビットレートで高品質画像を保つ為に、人工知能によるパターン認識とデシジョンツリーによって最適なモードを選択して符号化(エンコード)を掛けています。
ハードウェアとアルゴリズムの二つ要素技術の組み合わせにより、これまで難しいと言われていたビッグデータの高速処理が可能となりました。
その他に、遅延発生要因となるOSを介さずに処理を行うなどの小さな工夫を積み重ねています。

AI導入でプロセス効率化


低遅延動画伝送ソリューションではあるものの、回線速度向上など通信プロトコル上の工夫ではありません。通信方式やプロトコルは汎用規格を利用しているため、ルーター等は他社ソリューションをご利用頂きます。
Share